About us




Architecture

ドイツ人の圧倒的な合理性精神により生み出された、バウハウスの機能主義。私はその建築に憧れてバウハウス大学で学びました。そこで理解した彼らの精神を、日本人の感性にあった「柔らかな機能主義」として捉え直し、建築物の設計を行います。



Interior

差し込む光や影。通り過る風やまどろみ。樹木のざわめきや静けさ。人はそれらを心地よいものあるいは不快なものと感じます。それぞれの場所における特性を理解しながら、「雲をつかむ」ように、そこにある「空気」に柔らかな輪郭を与えます。



Reform & Cordination

ニワトリの形をした旧東ドイツ製のエッグカップ。旧東ドイツ出身の人の記憶が詰まっています。例えば、大切に使ってきた一脚の椅子をきっかけにして一軒の新しい家が出来るような、気持ちが寄り添うことのできる提案をします。